【ほんのさわり】西田栄喜「小さい農業で稼ぐコツ」

西田栄喜「小さい農業で稼ぐコツ」(2016.2、農山漁村文化協会)

著者は石川・能美市で「日本一小さい専業農家・風来」を経営されている通称・源さん。
 その経営面積は30aと日本平均の8分の1で、4棟のハウスと自宅内の店舗兼加工所により「田舎で家族5人が暮らしていくには十分」な1200万円を売り上げているそうです。

大学卒業後、バーテンダーやホテルの支配人等をされていた著者は「命の元である食を育てる農業こそ、人を幸せにできる究極のサービス業」と思い、1999年、新規就農されました(初期投資は自己資金の140万円のみ)。

野菜等を載せて住宅地等を回る「引き売り」から始められたそうです。… 続きを読む

【F.M.Letter No.105】

================================================================

◇◆◇ F. M.Letter −

続きを読む

岩殿城、西原ふるさと祭り

銀座農業政策塾の皆さんによる「みんなの家・農土香(のどか)」(山梨市牧丘町)ツアーに参加・宿泊させて頂いた翌日。朝9時頃にJR中央線・塩山駅まで送って下さいました。蔦谷先生ご夫妻には大変お世話になりました。
上野原で途中下車する予定の私は、特急「かいじ」利用の皆さんと別れて0937発の普通電車へ。… 続きを読む

【F.M.Letter No.104】

================================================================

◇◆◇ F. M.Letter −

続きを読む

図60 エネルギー及びたんぱく質摂取量と完全失業率の推移


◆ F.M.豆知識
食や農に関連して、特に私たち消費者にちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、具体的なデータに即して紹介していきます。
—————————————————————-
「近年における失業率の上昇とたんぱく質摂取量の減少」… 続きを読む

農土香ツアー @山梨市牧丘町等

 今年(2016年)は10月に入っても長雨が続き、久しぶりに晴れると思うと夏が戻ったかのように気温が上昇するなど、何とも不安定な天候が続きます。
 そのような中、10月8日(土)未明には阿蘇中岳が36年ぶりに爆発的噴火。降灰により農作物等にも被害が発生しました。相次ぐ災害に言葉を失います。
 その8日(土)も雨模様。
 銀座農業政策塾の皆さんによる「農土香ツアー」に参加させて頂きました。… 続きを読む

ナツハゼ収穫祭 @東京・檜原村

 2016年も10月に入りました。初日の土曜日も相変わらずすっきりとしない天気です。
 自宅近くに一画を借りている市民農園へ。
 品川カブは、天候不順ながらそれなりに成長。もう少ししたら間引きする予定(でも、やはり遅いです)。
 ちなみにベランダのプランターの方は、ひょろひょろながら、ようやく本葉は出てきたという感じ。
161001_convert_20161004014228.jpg
 先週、ナスやコットンの株下に植えた白菜やキャベツの苗は、早くも虫喰いだらけ!… 続きを読む

【F.M.Letter No.103】

================================================================

◇◆◇ F. M.Letter −

続きを読む

【ほんのさわり】蔦谷栄一「農的社会をひらく」

蔦谷栄一「農的社会をひらく」(2016.4、創森社)
 -足元からの自立と協同で農的社会の創造へ-

著者は長く(株)農林中金総合研究所で日本農業論、都市農業、持続的循環型農業等を中心とした調査研究に携わり、農林水産省の各種研究会委員等の公職も務められ、2013年には農的社会デザイン研究所を設立された方です。
 また、自ら山梨県下で自然農を実践するとともに田舎体験教室を主催、銀座農業政策塾の代表世話人も務められるなど、子ども達や都市の生活者を含めた多くの人に「農」の現代的な重要性について積極的に発信されています。

冒頭で著者は「農的社会に1人でも多くの人に触れてもらい、農の持つ社会デザイン(変革)能力を知ってもらいたい」と訴えています。… 続きを読む

図59 近年における供給熱量、脂質及びたんぱく質摂取量の 熱量、脂質及びたんぱく質摂取量の推移


◆ F.M.豆知識
食や農に関連して、特に私たち消費者にちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、具体的なデータに即して紹介していきます。
—————————————————————-
「近年、大きく減少しているたんぱく質摂取量」… 続きを読む