【ブログ】本田由紀先生「日本社会の現状と課題」

2017年7月16日(日)。
 北九州等では豪雨で甚大な被害が出ているにもかかわらず、東京地方はさっぱり雨が降りません。
 自宅近くに一画を借りている市民農園の土もパサパサ。農家の方の苦労とご心労が気がかりです。
 それでもこの日は初物のスイカを収穫。割ると真っ赤、甘くて美味でした。

午後から東京・四ツ谷の上智大学へ。… 続きを読む

【ほんのさわり】國分功一郎『暇と退屈の倫理学』


(↑画像をクリックすると本のサイトに飛びます。)

-國分功一郎『暇と退屈の倫理学』(増補新版、2015/3、太田出版)-

読書の醍醐味の一つは思いがけず刺激的な本に巡り会うことです。本書も奇抜なタイトルにひかれて読み始めたのですが、ぐいぐいと引き込まれました。
 440ページに及ぶ哲学・倫理学書を簡潔に紹介する力量はありませんが、ポイントは概ね以下のようなものです。
 人間は部屋でじっとしていられないため、熱中できる気晴らしを求める。それが全ての不幸の源泉となる(ファシズムやテロリズムにさえ通じる)。現代の消費社会はそこにつけ込んで、現代人は「終わりなき消費のゲーム」を強要され、その結果、私たちは「非人間的状況」(疎外)に陥ってしまっている。… 続きを読む

【オーシャン・カレント】かんちゃんファーム体験農園

池袋から約1時間半という通勤圏ながら、丘陵に囲まれた緑豊かな地である埼玉・鳩山町に「かんちゃんファーム体験農園」はあります。
 農園主の閑野智道(かんの・ともみち)さんは埼玉・北本市のご出身。農業を志して公務員を退職、北海道や埼玉・小川町、地元の鳩山町での農業研修を経て2013年1月にこの地で新規就農されました。
 「自然の恵みから生まれた旬の農産物を通じて幸せの輪を広げたい」というモットーの下、約1.3haの農地で少量多品種の野菜等を有機栽培されています。近隣の天然原料(乗馬クラブの馬糞、豆腐屋のおから等)を用いた堆肥作り・土作りにも取り組んでおられます。
 生産された野菜等は、飲食店や個人への直売(宅配)のほか、毎週日曜日には仲間と開設した直売所(ときのこや)でも販売されています。

そのかんちゃんファームが、体験農園としての活動を本格化しつつあります。… 続きを読む

【豆知識】消費者への直接販売に取り組む農家


(↑グラフをクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます。)

2015年農林業センサスでは、農業生産関連事業を行っている農業経営体数についても把握しています。ここでいう農業生産関連事業とは、農産物の加工、消費者への直接販売、体験農園、観光農園、農家民宿、農家レストラン等のことで、これらいわゆる「六次産業化」は所得の向上と安定化に貢献するものと注目されています。

農産物の加工に取り組んでいる経営体は、全体の2%です。
 これを農産物販売金額規模別のグラフに表したものが図77の青い棒グラフで、規模が拡大するにつれて加工に取り組んむ経営体の割合が上昇していることが分かります。

これは、農産物加工に取り組むためには加工施設や機器など設備投資が必要であるため、ある程度規模が大きな経営体でなければ取り組むことが困難であるという事情を反映しているものと思われます。… 続きを読む

【ブログ】比企ツーリズム(歴史)講演会

東京地方は、本当に雨が降りません。まだ梅雨は明けませんが、連日、猛暑が続いています。
 そんな2017年7月14日(金)の夕方は東京・池袋へ。
 改築された豊島区地域活動交流センター4Fの会議室(綺麗な部屋です)で19時から開催されたのは、比企ツーリズム(歴史)「武蔵武士の背景と舞台」と題する講演会。… 続きを読む

【ブログ】子どもの貧困が日本を滅ぼす(戦略研・特別研究会)

2017年7月8日(土)。
 福岡・大分を中心とする豪雨被害は、全貌が明らかになるに連れてますます被害が拡大。テレビの濁流の映像等には身をすくめるばかりです。
 一方で関東地方では晴天が続き、荒川水系では20年ぶりに取水制限とのニュース。自然とは不都合なものです。

この日の午前中は、自宅近くに一画を借りている市民農園へ(暑い!)。
 今年は春作業が出遅れたものの、キュウリ、枝豆、いんげん、ミニトマト、あやめかぶ等の収穫が本格化しつつあります。寺島ナスも最初の実を付けてくれました。自然は災厄も恵みも、もたらしてくれます。… 続きを読む

【ブログ】スライド上映 沖縄戦(@農文協・農業書センター)

2017年7月6日(木)の夕方。
 前夜に台風3号が慌しく通過したものの「台風一過」とはならず、それどころか福岡・大分を中心に大きな豪雨被害が出ているとのニュースを聞きながら、東京・神保町にある農文協・農業書センターへ。

ドラッグストアの中の階段を3階に上がると、農林業や食、地域活性化づくり等に関する豊富な書籍や雑誌が並べられています。固定種の種なども販売されており、随時、様々なイベントも開催されています。… 続きを読む

【ほんのさわり】山下惣一『小農救国論』


(↑画像をクリックすると本のサイトに飛びます。)

山下惣一『小農救国論』(2014/10、創森社)

著者は1936年、佐賀・唐津市の生まれ。家業である農業を営まれつつ、農村の実情を踏まえた小説、エッセイ、ルポルタージュ等を発表してこられた方です。
 本書のテーマ・結論は「小農こそが国と国民を救う」。「大規模農業を否定するつもりはないが、小さいからこそ農業はやっていける」というのが山下さんの主張です。
 ちなみに小農(家族農業)とは「暮らしを目的として営む農業」のことだそうです。… 続きを読む

【オーシャン・カレント】小農学会


(写真は総合人間学会(2017.6/10)において小農学会等について説明される山下惣一さん)

2015年11月29日、ユニークな「学会」が設立されました。
 共同代表は萬田正治さん(農業、元鹿児島大学教授)と山下惣一さん(佐賀、農業・農民作家)。副代表や世話人には九州を中心とした著名な生産者や学識経験者が名を連ねています。

設立の趣旨は以下のようなものです(設立趣意書より)。
 21世紀に入っても世界は混迷の一途をたどるなか、戦後、日本は経済大国として復興したものの農村から都市へと人は大移動し、過疎の村と過密の都市という地域に二極分解した。大型スーパー等で食材を買う都市生活者にとって、生き物の命を育み命をいただくという意識は薄れている。… 続きを読む

【豆知識】小規模農家の生産性


 (↑グラフをクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます。)

農林業センサスによると、2015年の農業経営体(農家及び組織)の数は全国で138万経営体、うち都府県には134万経営体あります。
 これを経営耕地規模別にみると、0.5ha 未満が23%、0.5~1haが33%と、1ha未満の経営体が過半を占めています。一方、10ha 以上の経営体は全体のわずか2%に過ぎません。… 続きを読む

【ブログ】「街の木ものづくりネットワーク」(マチモノ)設立記念収穫祭

2017年6月25日(日)は東京・世田谷区の三軒茶屋へ。
 少し早めに着いたので、駅から直結するキャロットタワーの26Fに上がってみました。
 カフェなどもあり、地域の方達の憩いの場になっているようです。この日は一日、曇り空でしたが、雲の切れ目から西日が射し込んでいました。

そのキャロットタワーの4Fにある世田谷文化生活情報センター続きを読む

【ブログ】かんちゃんファーム訪問記(埼玉・鳩山町)

2017年6月24日(土)。相変わらずカラ梅雨気味ですが、西日本は雨のようです。
 自宅近くに一画を借りている市民農園。あやめカブは大きくなり収穫が続いています。スイカも大きくなってきました。
 ただ、寺島ナスや内藤トウガラシはあまり大きくなりません。化学肥料を控えたせいかも知れません。

午後は埼玉・鳩山町の「かんちゃんファーム」続きを読む