【オーシャン・カレント】Present Tree


 (写真は福島・広野町での植樹の様子(2016.7/24))

日本は世界有数の森林大国でありながら、過疎化や林業従事者の高齢化・減少により適切に管理できない森林が増えています。森林が荒廃すると、山崩れなど災害の防止、水資源のかん養、二酸化炭素の吸収等の機能が失われることになります。

そうした課題に向き合っているユニークな活動の一つが「Present Tree」(プレゼントツリー)です。合い言葉は「人生の記念日に樹を植えよう!」。
 結婚、出産、入学など人生の節目に、大切な人や自分自身の記念樹を荒廃が進んでいる里山林や被災跡地などに植え、その里親になってもらうことで森林を再生していこうという取組みです。実施主体は認定NPO法人環境リレーションズ研究所です。… 続きを読む

【豆知識】世界各国の森林率

国際連合食糧農業機関(FAO)のデータを基にした集計によると、世界主な国[注]の土地面積(河川、湖等を除く)の合計は約1億3千万平方km。うち森林の面積は約4千平方km、土地面積に占める割合(森林率)は30.6%となっています。
 この森林率を比較したグラフがリンク先の図です。
 http://food-mileage.jp/wp-content/uploads/2017/12/87_sinrinritu.pdf

これによると、森林率が最も高いのはフィンランドの73.1%で、次いで日本の68.5%となっています(3位はスウェーデンの68.4%)。その他の国は、ブラジルが60%近く、インドネシアやロシアが50%前後、アメリカ、カナダ、ドイツ、フランス等が30%台、オーストラリアやイギリスは10%台となっています。

このように、日本は世界でも有数の森林国なのです。… 続きを読む

【ブログ】双葉ばら園の絵本を応援(結イレブン vol.48)

2017年12月11日(月)は、2時間ほど早く退庁して横浜へ。
 この日18時30分から、JR横浜駅に近い神奈川県民センターで48回目の「結イレブン」が開催されました。

結イレブンとは、東日本大震災の月命日(毎月11日)に、被災地・被災者のことを忘れないために続けられてきたイベントです(主催:すずめの未来市続きを読む

【ブログ】ぶらり比企の歴史旅

2017年12月10日(土)は快晴。
 自宅近くに一画を借りている市民農園。大蔵大根など冬野菜が今年も豊作です。品川カブは、品評会に出せるでしょうか。

翌10日(日)午前10時。
 日射しの眩しい青空の下、東武東上線・高坂駅(東松山市)東口には5人の怪しい(?)オジサンの姿。比企ツーリズム(歴史)「鎌倉御家人ゆかりの地を訪ねて」続きを読む

【ブログ】福島の農業の現場から(菅野瑞穂さん)

2017年11月27日(月)の終業後は、東京・吉祥寺に急ぎました。
 駅の北口からアーケードに入ると、華やかな装飾。気がつくと、クリスマスや年の瀬が近づいています。

徒歩10分ほどで光専寺に到着。見上げると月が輝いています。本堂の窓ガラス越しに、この日のイベントのポスター。

この日開催されたのは、吉祥寺チャリティライブ続きを読む

【ほんのさわり】守友裕一ほか『福島-農からの日本再生』


 守友裕一、神代英昭、大谷尚之『福島-農からの日本再生:内発的地域づくりの展開』(2014/3、農山漁村文化協会)
http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54013207/

代表編著者の守友裕一先生は1948年富山県生まれの農学博士。
 宇都宮大学教授等を経て、現在は福島大学特任教授として「ふくしま未来食・農教育プログラム」等に携わっておられます。

守友先生によると、原発被害は、フローの損害、ストックの損害、社会関係資本の損害(以上は福島大・小山良太教授の整理)に加えて、循環の破壊の損害、自給(恵み、文化、豊かさ)の破壊による損害を与えたとのこと。… 続きを読む

【オーシャン・カレント】までいライフ


 「までい(真手)」とは、左右揃った手、両手という意味の福島県北部地方の方言です。
 例えば「食べものはまでいに(大切に)食べなさい」「子どもはまでいに(丁寧に)育てなさい」「仕事はまでいに(しっかりと)しなさい」等と使われるのだそうです。

福島・飯館村(いいたてむら)は、2004年に策定した第5次総合振興計画書において、「手間ひまを惜しまず」「丁寧に」「時間をかけて」「じっくりと」「つつましく」暮らす“までいライフ(MADAY LIFE)” を村づくりの基本理念に位置づけました。… 続きを読む

【豆知識】避難者の推移と現状


 2011年3月11日(金)14時46分に発生したマグニチュード9.0の大地震は、東北を中心に死者15,894名、行方不明者2,546人(2017年9月8日現在、警察庁)等の甚大な被害をもたらしました。
 津波や地震に加え、東京電力福島第一原子力発電所の事故により、発災直後には約47万人が避難を余儀なくされました。 それから6年半が経過し、避難者数は減少しましたが、現在もまだ13万人が避難しています。
 グラフは、福島県の避難者の推移です。
http://food-mileage.jp/wp-content/uploads/2017/11/86_hinansha.pdf続きを読む

【ブログ】サトイモ掘って芋煮会しよう!(東久留米・篠宮農園)

2017年11月17日(日)は快晴。陽射しはまぶしいほどですが、風が冷たい日曜日です。

自宅近くに一画を借りている市民農園は、落花生の収穫も終わり(今年も豊作でした!)、すっかり冬の姿に変わっています。
 白菜やキャベツは太りつつあり、大蔵大根等の葉っぱが茂っています。品川カブは、大きなものは太さ5cmほどに(バラバラですが)。

自転車でお隣の東久留米市へ。
 落合川は市街地を流れる小さな川ですが、まさに清流の美しさです。… 続きを読む