社会と向き合い「分かち合う」こと

 今年のGWは、故郷の徳島から叔母が上京して来られたり、久しぶりに従兄(といっても1回り違い家庭教師などもして頂いた方)夫妻が来て下さったりして、特段、遠出はしませんでしたが、それなりに充実。
 5月5日の端午の節句は、ようやく晴天に恵まれました。
 立夏らしく気温も上がり、緑風が爽やかな一日。近所には真っ白い大手毬やピンクの花水木。団地の中を流れる小川では水遊びする子どもも。
 
+hana_convert_20120506092257.png
 ところで今年は、何度か連続して更新できてきた市民農園の抽選にとうとう外れ、猫の額だったとはいえ大事な食料生産基盤を失ってしまいました。
 仕方なく、ベランダにプランターを並べてトマト、きゅうり、茄子。鼠の額のような庭をほじくり返してゴーヤと枝豆の苗を植えてみました。隣家との間隔が狭く日当たりが良くないので、果たしてどうなることやら。… 続きを読む

5月5日(土)田植祭、17日(木)吉田俊道さん講演会

 4月30日(月・祝)、西日暮里の「農業八百屋SUNDINO」では、祝日毎の「八百屋茶話会」が開催されました。
 主婦の方、社会人になられて間もない女性の方を含め、エネルギーと原発問題、微量栄養素と健康の関わり等について、意見交換が行われました。takenoko_convert_20120501214804.png
 このような話題について、少人数でざっくばらんに自由に意見交換できる場が、どんどんできていけば素晴らしいと思います。この茶話会、次回は平日夜の開催を企画されているようです。… 続きを読む

宮沢賢治「悲しみは力に」-三上満先生講演会

 ゴールデンウィーク初日の4月28日(土)、今までの天候不順を取り戻そうかとするように一気に初夏の様相、東京の最高気温も23℃まで上昇しました。
 自宅近くの空掘川の河川敷は、西洋芥子菜の黄色い絨毯で覆われています。蜜蜂が止まる花の向こうには、市内に残った数少ない銭湯の煙突が青空に映えています。ツマキチョウの姿を見て、少し興奮しました。
 ハナミズキも盛りです。
karahori_convert_20120429220931.png
 この日、さいたま市浦和区では「生活文化・地域協同研究会」(協同研続きを読む

わいがや勉強・交流会と数寄屋橋音楽祭

 4月21日(土)は曇り、なかなか暖かくなりません。
 しかし、そのような人間の小さな不平を置き去りに、季節は確実に廻っていきます。自宅近くの空掘川沿いは、今年もセイヨウカラシナの黄色い絨毯で埋め尽くされつつあります。
niiza_convert_20120422073508.png
 この日、まずは新座へ。
 清らかな水が流れる野火止用水続きを読む

世界から飢餓を終わらせるための30の方法

4月3日(火)は「爆弾低気圧」で全国的に荒れ模様、各地で被害。
 幸い私は帰途の交通にも影響はなく、大したことはなかったと思っていたのですが、翌朝、駅に向かう途中の桜の木が何本か斜めになっていて、相当強い風だったことを改めて知ったような次第です。
arasi_convert_20120405223230.png
 その翌日、飢餓のない世界を創るために活動しているNPOハンガー・フリー・ワールド(HFW)から、「… 続きを読む

福島集会「農から復興の光が」②

福島県有機農業ネットワーク主催「福島視察・全国集会-農から復興の光が見える!」の2日目(3月25日(日))は、4台のバスに分乗しての現地見学です。
1コースは「避難区域における農業の現状」について飯舘村と南相馬市へ、2コースは「放射能と戦う農業者」として福島市と二本松市へ。
私は1コースに参加しました。
前夜に降ったようで地面には雪。見上げると青空です。… 続きを読む

加賀の「娘々野菜」かきもち、福島の特産品。

 石川県加賀市の高塚地区営農組合の山本清剛さんから、素敵なプレゼントが届きました。
 「娘々(にゃあにゃあ)野菜」五色かきもちです。「にゃあにゃあ」とは、加賀言葉で女性全般に「お姉さん」と敬意を込めて呼びかけるときの言葉とのこと。「娘々野菜」は商標登録もされているそうです(写真の右2枚は北陸農政局HPから)。
takatuka_convert_20120323233225.png
 山本さんと出会ったのは、数年前の北陸農政局(金沢市)在勤中のことです。
 高塚地区は緑豊かな農村地域ですが、他の多くの地域と同様、農家が減少するに伴って農業を知らない世代が増え、昔ながらの共同作業や家族での仕事が次第に少なくなり、地域のコミュニティは次第に失われつつありました。
 そこで、営農組合、老人会、婦人会などが連携して、地域の農地や水路等の環境を守るとともに、失われつつあった農作業の技術や地域の伝統文化、食生活を次世代に継承していくための活動が始められたのです。… 続きを読む

命あればこそ

 3月20日(火)の春分の日は快晴。風は強くテレビの花粉情報は真っ赤。マスクと目薬装備の上、夥しい瘴気の中、メーヴェならぬチャリンコで出撃。
 日暮里・舎人ライナーの西日暮里駅近く、緑色の幟が風にはためいています。
 近づいてみると「東京農業大学 城東常磐松会」の文字。ここが先日、SOLAの報告会で話を伺った中森剛志氏が経営されている「農業八百屋SUNDINO」続きを読む