【オーシャン・カレント】食品ロス削減の日(10月30日)

(消費者庁HPより)

「豆知識」欄でも紹介したように、食料関連産業(食品製造業、流通業、外食産業等)が発展し食品流通が広域化するなかで、年間600万トンという膨大な食品ロスが発生しています。
 このようななか、農林水産省は去る10月30日の「食品ロス削減の日」に合わせて、食品ロス削減や食品リサイクルなど商慣習見直しに取り組む事業者の取組を募集し公表しました。このなかでは、いわゆる「3分の1ルール」(賞味期間の3分の1以内で小売店舗に納品する慣例)の見直しや賞味期限表示の大括り化に取り組む事業者が増えている状況がみられます。

 一方、食品ロス削減のためには事業者のみならず消費者の取組みも重要です。例えば、消費者庁が中心となって、商品棚の手前にある商品を選ぶ「てまえどり」を呼びかけるキャンペーン等を行っています。

 ちなみにゴミ清掃員でお笑い芸人である滝沢秀一さんは、「消費者は100円の大根を買う時には1円でも安くと気にする一方で、腐らせて半分(50円分)捨てたりしている」等と話しています。

[参考]
 農林水産省プレスリリース「食品ロス削減や食品リサイクルの取組事業者と取組内容を公表」 
  https://www.maff.go.jp/j/press/shokuhin/recycle/211029.html
 消費者庁HP「食べもののムダをなくそうプロジェクト」
  https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/ 
 マシンガンズ滝沢秀一『このゴミは収集できません』(2018.9、白夜書房)
  http://www.byakuya-shobo.co.jp/page.php?id=5648&gname=shoseki_livingculture

出所:
 F. M. Letter -フード・マイレージ資料室 通信-
 No.229、2021年11月5日(金)[和暦 神無月朔日]
  https://www.mag2.com/m/0001579997.html
 (購読(無料)登録もこちら↑から)

 (バックナンバーはこちら↓に掲載)
  https://food-mileage.jp/category/pr/