図39 米の作付規模別生産費と農家手取り価格


◆ F.M.豆知識
食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
本欄では、ある新聞の社説をきっかけとして、前回から米の価格と水田農業について取り上げています。… 続きを読む

図38 米の相対取引価格の推移


◆ F.M.豆知識
 食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 本欄では、ここ数回にわたって総務省『家計調査』結果を基に食料消費の地域的な特徴を取り上げてきました。まだ紹介したいトピックもあるのですが、今回は別の話題を取り上げます。… 続きを読む

図37 外食に対する支出額(都道府県庁所在地)


◆ F.M.豆知識
 食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 本欄では、ここ数回にわたり、総務省『家計調査』の都道府県庁所在地ごとの支出額を基に、食料の消費パターンの地域的な特徴をみてきました。主食、肉類について、今回は外食を取り上げます。… 続きを読む

図36 肉類に対する支出額(都道府県庁所在地)


◆ F.M.豆知識
 食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 前回は、総務省『家計調査』により都道府県庁所在地ごとの「主食」(米、パン、カップめん等)に対する世帯員1人当たり消費額をみたところ、米の消費が一番多いのは静岡でした。… 続きを読む

図35 米、パン、カップめん等に対する支出額(都道府県庁所在地)


◆ F.M.豆知識
 食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 前回は、「主食」(米、パン、カップめん等)に対する消費額について、北海道や沖縄では米が多いこと、米どころであるはずの東北では米に対する支出額は少なく、カップめん等に対する支出額が多くなっていること、また、近畿ではパンに対する支出額が多いことなど、主食だけ取り上げても、地域によって消費パターンに大きな差(特色)があることを紹介しました。… 続きを読む

図34 米、パン、カップめん等に対する支出額(地域別)


◆ F.M.豆知識
 食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 前回に引き続き、主食に対する家計の支出額について考察します。… 続きを読む

図33 米、パン、カップめん等に対する支出額(都市階級別)


◆ F.M.豆知識
 食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 本稿では、近年のエンゲル係数の上昇をきっかけに、主に総務省「家計調査」のデータを用いて食料消費の変化の状況について紹介してきました。… 続きを読む

図32 米とパン(小麦)に対する支出額と年間供給量


◆ F.M.豆知識
 食や農について(特に私たち消費者にとって)、ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 本稿では、近年、エンゲル係数が上昇に転じている状況について、主として総務省「家計調査」のデータを基に紹介してきました。… 続きを読む

図31 所得と生活習慣等に関する状況


◆ F.M.豆知識

食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-

ここ数回にわたり、近年、エンゲル係数が上昇に転じている状況について考察してきました。… 続きを読む

図30 収入階層別にみた品目別支出額の特化係数


◆ F.M.豆知識
 食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 2005年を底にエンゲル係数が上昇に転じている要因として、本稿では、国際需給動向と円安を反映した輸入食料品価格の上昇、食生活のパターンの変化(欧米化、外部化等)を説明してきました。… 続きを読む

図29 エンゲル係数の比較(年間収入五分位階級別)


◆ F.M.豆知識
 食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 2005年を底にエンゲル係数が上昇に転じている要因として、本稿では、国際需給動向と円安を反映した輸入食料品価格の上昇、食生活のパターンの変化(欧米化、外部化等)を指摘してきました。… 続きを読む

図27 食料への支出額の増減率(世帯主年齢別)


◆ F.M.豆知識
 食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 本コーナーでは、ここ数回にわたり、近年、エンゲル係数(消費支出に占める食料費支出の割合)が上昇しつつある状況についてフォローしてきています。… 続きを読む

図26 食料への支出額の増減率と寄与率


◆ F.M.豆知識
 食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 最近、エンゲル係数(消費支出に占める食料費支出の割合)が上昇している背景には食料価格の上昇があり、その中でも自給率が低い品目の上昇率が比較的大きいことを、前回、説明しました。… 続きを読む

図25 消費者物価指数の増減


◆ F.M.豆知識
食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
最近、エンゲル係数(消費支出に占める食料費支出の割合)が上昇している要因の一つに、食料価格の上昇があることを前回、説明しました。… 続きを読む