望むべくもない「大岡裁き」

 今週後半の3日間の夕方、職場の近隣でいくつかのイベントやセミナーが開催されました。
 6月6日(水)、朝からの雨は上がった日比谷野外音楽堂では、「さようなら原発1000万人アクション」実行委員会の主催による「さようなら原発1000万人署名第一次集約集会」が開催されました。
 署名は前日までに7,22万筆が集まったそうで、現在も継続中とのこと。
+sayonara_convert_20120609232737.png
 18時半過ぎに会場に着いた時は、大江健三郎さんが挨拶をされていました。
 続いて落合恵子さん、鎌田慧さん。そして大飯原発の再稼働に揺れる福井からの現地報告、各地からの署名のメッセージの朗読。
 最後に「第二、第三のフクシマを繰り返さないためにも、生命にかかわる原発を再稼働させてはなりません」等を内容とする集会アピールを採択。また、7月16日(月)には代々木公園で「10万人集会」を予定しているそうです。
 この日の参加者は約2300人とのこと。
 会場は盛り上がり、閉会後に東電本社前に向かったデモのシュプレヒコールは、遠くなっても聞こえていました。その声は、道行く一般の方の耳にもしっかりと届いたはずです。
 ただ翌日の新聞を見ても、ほとんど報道はみられませんでした。
 6月7日(木)の夕方は、弁護士会館での講演会へ。
 余談ながら、弁護士会館の前の説明板によると、この地は、江戸時代は大岡越前の屋敷があった場所だそうです。
+bengosi_convert_20120609232812.png
 確かに古地図には、この場所は「大岡越前守」と記されています。
 ちなみに、この古地図はアプリ『今昔散歩』によるものですが、すぐれものです。池波正太郎の小説など、これで場所を確認しながら読むと、登場人物の行動が手に取るように分かります。
 これをみて、農水省の場所は相馬家の屋敷跡だったことも知りました。現在は「食べて応援しよう」の幟が立ち並んでいます。
+bengosi3_convert_20120609235144.png
 閑話休題。
 この日の講演のテーマは「災害廃棄物の広域処理~あるべき処理とは何か~」。
 まず、環境総合研究所の池田こみちさんから「がれき広域処理の現状と問題点」についての講演。
 安全性や環境面でのリスク、長距離輸送するコスト面だけではなく、利権や政策立案プロセスの面からも問題が多い、との内容。
 続いて、(財)原子力研究バックエンド推進センターの澁谷進さんから「低レベル放射性廃棄物の処理」について技術面からの解説。
 予定時間を超過して熱心な質疑応答が交わされました。
 また、翌8日(金)も同じ弁護士会館で「日本のエネルギー政策の基本問題」。連続セミナーの第3回だそうです。
 この日のパネリストは、京都大学大学院教授の植田和弘先生(総合資源エネルギー調査会基本問題委員会委員)、慶應義塾大学教授の金子勝先生(原子力新大綱策定会議委員)、富士通総研の高橋洋氏(総合資源エネルギー調査会電力システム改革専門委員会委員)、日弁連特別委嘱委員の浅岡美恵氏(原子力新大綱策定会議委員)。
 いずれの方からも、実際に委員として参画されている政府の審議会等における議論の状況等を踏まえ、未来に向けた提言もなされました。
 例えば、日本の民主主義のあり方が問われており、エネルギー政策を分権化しドイツのように地域づくりにも活かすべし(植田氏)、人権問題として被災者の救済に全力を上げるとともに、縦割りの審議会ではない国民的会議を設置し議論することが必要(金子氏)、エネルギー供給システムを変革していくため、消費者がエネルギーを選択できる仕組みを整備すべし(高橋氏)等々。
+bengosi2_convert_20120609232837.png
 参加者からは多くの質問票が出されていましたが残念ながら時間が足らず、最後は日弁連前事務総長の海渡雄一氏から、被害者援護法制定の動き等の報告を含めて挨拶があり閉会。
 そして、正にこのシンポジウムが開催されていた同じ時刻に、官邸では野田総理が大飯原発再稼働について記者会見。必要性を国民に直接訴えること自体は評価すべきものなのでしょうが。
 夜のNHKニュースで「国民世論を二分している再稼働問題」云々とあったのに対し、早速、金子先生からは「世論調査結果を踏まえれば『国民の反対を押し切って』が正しい」とのつぶやきが、ツイッターで流れてきました。
 多くの複雑な問題が絡んでいます。民主主義のあり方が問われています。
 時代劇や落語にある「大岡裁き」のような単純明快な答は、誰も出してはくれません。
 どのような未来を選んでいくのか、選んでいこうとするのか。一人ひとりに突きつけられた課題です。
 6月9日(土)は、終日、冷たい雨になりました。関東地方も梅雨入りです。

人気ブログランキングへ

One Reply to “望むべくもない「大岡裁き」”

  1. まとめtyaiました【望むべくもない「大岡裁き」】

     今週後半の3日間の夕方、職場の近隣でいくつかのイベントやセミナーが開催されました。 6月6日(水)、朝からの雨は上がった日比谷野外音楽堂では、「さようなら原発1000万人アク

コメントは受け付けていません。