【オーシャン・カレント】肉食は地球環境を破壊するのか

令和3年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書(p.81)

地球環境問題への意識が高まる中、できるだけ肉食は避けるべきとする議論があります。
 令和3年版環境白書(p.81)によると、世界の食料部門 (生産、加工、流通、消費等) における温室効果ガスの発生量は全体の21~37%を占め、さらに日本人の食事のカーボンフットプリントのなかで肉類及び乳製品は約1/3を占めているとのこと。… 続きを読む

【ブログ】白川真澄さん「BIをめぐる論争を読み解く」(座標塾)

2021年7月16日(金)には関東地方でも梅雨明け。とたんに猛暑続きです。

 自宅近くの市民農園。
 キュウリは実を付け続けててくれていますが、水不足が心配な季節になりました。近所のの運の庭先には白い花びらの向日葵。イロハカエデの種は、今にも青空に飛び立ちそうです。

7月12日(月)の夕刻は、毎月1回の奥沢ブッククラブ(第69回)続きを読む

【豆知識】畜産物の自給率の推移

2018年度の畜産物の品目別自給率 (重量ベース) は、牛肉35%、豚肉49%、鶏肉64%、鶏卵96%、牛乳・乳製品59%等と比較的高くなっていますが、飼料自給率を考慮すると、それぞれ9%、6%、8%、12%、25%という非常に低い数値となります。
 これは日本の畜産が輸入飼料によって支えられているためで、飼料自給率(可消化養分ベース)は25%に留まっています。
 リンク先の図221は、畜産物等の自給率の推移を示したものです。… 続きを読む

【ほんのさわり】いとうせいこう『福島モノローグ』

−いとうせいこう『福島モノローグ』(2021.2、河出書房新社)-
 https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309029498/

 著者は1961年東京生まれ。編集者を経て、作家、映像、音楽、舞台など様々な分野で活躍している方。
 本書は、東日本大震災で被災し、その後も被災地で暮らし活動されている女性たちにインタビューしたノンフィクションです。「あとがき」によると、小説『想像ラジオ』(2013年、野間文芸新人賞)で震災の死者に成り代わって「語り過ぎた」ため、本書はインタビュワーの質問や意見などは全てカットした「モノローグ」となったとのこと。

避難先から帰ってきたお母さんたち、災害FMを立ち上げた社協職員、地域の復興に取り組む村会議員や農業者の方達から、著者は「忘れたいこと」「忘れられないこと」を聴き出していきます。… 続きを読む

【ブログ】東村山~所沢 ぶらり史跡散歩

2021年7月6日(火)も時折り細かな雨が落ちてきますが、自転車でぶらり史跡散歩へ。
 まずは、何度も来たことのある久米川合戦場跡(東京・東村山市諏訪町)。

 元弘三(1333)年五月八日、上野国新田荘の生品神社で新田義貞が挙兵。鎌倉街道を南下し、五月十一日には迎え撃つ幕府軍と小手指ヶ原(埼玉・所沢市北野)で激戦を交えます(後述)。… 続きを読む

【オーシャン・カレント】令和3年版 首都圏白書

国土交通省「令和3年版 首都圏白書」要旨 p.15より

2021年6月15日(火)、令和3(1991)年版の首都圏白書(首都圏整備に関する年次報告)が閣議決定されました。
 本白書では、人口10万人当たりの当たりの感染者数が多いなど、首都圏は感染症の流行というリスクが相対的に大きいことが明記されています。… 続きを読む

【豆知識】最近の東京都の人口の動き

戦後における日本の人口は、時期によって若干の波はあるものの一貫して大都市圏に集中しており、特に1990年代後半以降は東京圏への一極集中が続いてきました。
 ところが、最近の新型コロナウイルス感染症の拡大は、この状況にも構造変化を及ぼしています。

リンク先の図220は、最近の東京都の人口の推移を示したものです。
 https://food-mileage.jp/wp-content/uploads/2021/06/220_tokyo.pdf

2019年まで増加を続けてきた東京都の人口は、2020年5月頃をピークに減少に転じています。… 続きを読む

【ブログ】湾岸のオリンピック会場を歩く

2021年6月27日(土)は曇り空。南方から接近している台風の影響はまだありません。
 10時30分にりんかい線・東京テレポート駅の改札で待ち合わせ。エスカレーターも五輪仕様です。

 この日開催されたのは、NPO市民研主催の「湾岸のオリンピック会場を歩く」。
 一か月後に迫った東京五輪の臨海副都心地区にある会場を、雑誌『散歩の達人』に「東京オリンピックを歩く」の記事を連載されている眞鍋じゅんこさん続きを読む