【ほんのさわり】真田純子『風景をつくるごはん』

【ポイント】
 都市と農村の不平等な関係を解消するためには、環境や風景に配慮した農産物が生産され、それらを消費者が積極的に選択すること(風景をつくるごはんを食べること)が必要としています。

−真田純子『風景をつくるごはん−都市と農村の真に幸せな関係とは』(2023.10、農山漁村文化協会)−
 https://toretate.nbkbooks.com/9784540231247/

著者は1974年広島・福山市生まれの東京工業大学教授(景観工学)。2013年には農地の石積み技術を継承するため「石積み学校」を立ち上げられました。… 続きを読む

【オーシャン・カレント】つなぐ棚田遺産

【ポイント】
 「つなぐ棚田遺産」とは、代表的な農村景観ともいえる棚田を保全・継承していくための取組みで、現在、全国で271か所が認定されています。

山や谷間の傾斜地に階段状に作られた棚田は、美しい農村景観の代表の一つです。日本の棚田の多くは長い歴史を有し、国民への食料供給にとどまらず、国土の保全、水源の涵養、生物多様性の保全、良好な景観の形成、伝統文化の継承等に大きな役割を果たしてきました。… 続きを読む

【豆知識】農村地域の持つ役割に対する意識

【ポイント】
 大都市の居住者は、食料供給や良好な景観形成等の農村の役割は高く評価しているものの、積極的に過疎地域に行って協力しようとする意識は低いものとなっています。

内閣府では、テーマを変えつつ「農山漁村に関する世論調査」を定期的に実施しています。2021年6月には、農村地域の持つ役割や、都市地域と農山漁村地域の交流についての意識についての調査が行われました。
 調査対象は全国18歳以上の者3,000人で、有効回収数は1,655人(55.2%)です。
 リンク先の図289は、農村地域の持つ役割等に対する回答を都市階級別に示したものです。… 続きを読む

【ブログ】Present Tree in くまもと山都 2024(0、1日目)

2024年4月5日(金)は休暇を頂き、1年ぶりに熊本へ。
 10時40分羽田発のソラシドエア013便はほぼ満席、13時前に阿蘇熊本空港着。小雨模様の中、妻の音楽関係の友人・Hさんが出迎えて下さいました。

 菊陽町へ。にんじん畑の向こうの丘の上には、何かと噂の台湾の半導体工場の姿。
 おススメのピザ屋さん続きを読む

【ブログ】Cease Fireシンポ5「停戦をためらう構造について」

新年度に入った2024年4月1日(月)。
 玄関前に置いたプランターのブルーベリーの花。
 ヒガンザクラは満開になりましたが、ソメイヨシノは咲き始め。ちなみに都心の桜の開花は3月29日と、昨年の半月遅れだったそうです。

東京・永田町の衆議院第一議員会館へ。仕事(公務)以外で議員会館に入るのは初めてです。 
 玄関を入ったところで主催者の方がパスを配ってくださり、前の人に続いて会場(地下1階の大会議室)はほぼ満席、すごい熱気です。ところが頂いた資料を見て会場を間違えていることに気付き、慌てて1階の国際会議室へ。… 続きを読む

【ほんのさわり】青木美希『なぜ日本は原発を止められないのか?』

−青木美希『なぜ日本は原発を止められないのか?』(2022.11、文春新書)−
 https://bunshun.jp/articles/-/67655

【ポイント】
 日本が原発を止(や)められないのは、原子力ムラが存在しているから。しかし原発は巨大だから変えられないというのは嘘で、推進する勢力は一部だけ。

著者は札幌市出身。地元新聞社を経て全国紙に入社後は東日本大震災・原発事故の現場を取材し、「手抜き除染」の告発報道等に携わられました。現在も個人の立場で、学生時代からのライフワークである原発問題の取材を続けておられます。ちなみに祖父は電力会社勤務、父親は大学工学部の教授として原発に代わる発電方法の研究をされていたそうです。… 続きを読む

【オーシャン・カレント】「廃炉」が完了するのはいつか

【ポイント】
 仮に当初の計画通りに進んでも「廃炉」が完了するまで今後30年程度を要します。さらに、核燃料デブリの取り出しは着手すらできていないなど、不透明さを増しています。

「中長期ロードマップの進捗状況」(2024.2/29、廃炉・汚染水・処理水対策チーム会合資料)より。

「廃炉」とは、原子力発電所の原子炉の運転を終了させ、施設を解体し、放射性廃棄物も処分してリスクのない状態に戻すことを指します。… 続きを読む

【豆知識】ふくしま心のケアセンターへの相談件数等の推移

【ポイント】
 原発被災者等からの相談件数は、近年もほぼ横ばいないし増加傾向で推移しており、相談内容は多様化、複雑化するとともに深刻化しているとのことです。

「ふくしま心のケアセンター」は、福島県から事業委託を受けた(一社)福島県精神保健福祉協会が設置・運営する機関で、看護師、保健師、臨床心理士、精神保健福祉士、社会福祉士、作業療法士等が相談を受けること等により、原発被災者等の総合的な心のケア対策を行っています。

リンク先の図288は、2013年以降の相談件数等の推移を示したものです。
 https://food-mileage.jp/wp-content/uploads/2024/03/288_sodan.pdf続きを読む

【ブログ】第5回 東雲会(千葉大)、拙ブログ500回(?)

2023年度もいよいよ年度末。4月から新たな船出をされる方たちのご多幸を祈ります。
 職場至近の東京・日比谷公園では、サンシュユやトキワマンサクは早や盛りを過ぎつつあります。郷里・徳島の農家をしている友人からはニンジンのお届け物。有難うございます。

2024年3月16日(土)は、久しぶりに松戸にある千葉大・園芸学部へ。
 冷たくて細かい雨が落ちています。ここ数日の寒の戻りで、桜の開花も遅れている様子。

 13時30分から100周年記念戸定ヶ丘ホールへで開催されたのは、第5回東雲会。… 続きを読む