コツコツ小咄まとめ(2018.1/15~19)

2018.1/15(月)
 週始めのコツコツ小咄。
「下らない投稿ばかりするから炎上するのよ。ことわざにもあるでしょ」
「えっ、何てことわざ?」
「記事(雉)も書かずば(鳴かずば)撃たれまい」

撮影地:東京・立川市(2016.1/16)
 時候は小寒の末候・雉始雊(きじはじめてなく)。
 写真は、見学させて頂いた農家さんが動物園から引き取って飼われている孔雀です。

2018.1/16(火)
 今夜のコツコツ小咄。
「何年かしたら、また改訂版が出るんですか?」
「いえ、たぶんミケランジェロですね」
「えっ、どういうことですか?」
「最後の審判(新版)でしょう」

撮影地:東京・東村山市(2018.1/16)
 お陰様で10年前に出版した拙著の「新版」が上梓されました。原稿作成に直接協力頂いた方はもとより、SNA等を通じた皆様との交流が、執筆に当たって大きな糧となりました。感謝申し上げます。
 これからも、より豊かな未来の食の実現に向けて微力を尽くしてまいりますので、引き続き、ご指導・ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
(コツコツのネタも、精進します。)
https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7625.html

2018.1/17(水)
 久しぶりに雨が降った今夜のコツコツ小咄。
「真冬でも、この虫がいると、そこだけ暖かい日が射しているみたいだね」
「テントウ(点灯)ムシだからね」

撮影地:埼玉・小川町(2016.11/26)
 テントウムシがとまっているのは、青山在来という伝統種の大豆。収穫体験会に参加した時のスナップです。

2018.1/18(木)
 今夜のコツコツ小咄。
「クマノミが闘うと、ウミヘビなんかよりずっと強いんだよ」
「そうなんですか」
「鑑賞(完勝)魚ですから」

撮影地:東京・新宿歌舞伎町(2018.1/12)
 食事もお酒も今イチだった居酒屋さん、なぜか熱帯魚が泳いでいました。歌舞伎町には何でもアリます。

2018.1/19(金)
 ワインを呑み過ぎた今週最後のコツコツ小咄。
「気配りって難しいね。まるで俳句の五七五だね」
「えっ、どういう意味?」
「足らないこともあれば、余ることもあるもの」

撮影地:東京・文京区関口(2017.3/5)
 週初めは雪が積もるとの予報も。まずは穏やかな週末をお過ごし下さい。