たからづか食育フェア

130831_0_convert_20130905224655.png 2013年8月30日(金)、台風接近の予報もあって夕方の新幹線で大阪へ移動。
 車内で翌日の資料の再確認。昨夜は「コネ連」の飲み会から遅く帰宅したため、下手に眠ると博多まで寝過ごしてしまいそうです。
 お好み焼きを食べて(美味!)ミナミのビジネスホテルにチェックイン、田中の19連勝を確認して爆睡。
 翌朝はすっきりとした目覚め。幸い天気は大崩れしそうにはありません。
 資料を最終チェックして兵庫・宝塚に向かいます。
 11時過ぎに梅田から阪急電車。
 小豆色の外観や映画になったこともあって、何となく高級路線のイメージがあったのですが、乗っている人たちは普段のS武新宿線と変わりませんでした(当たり前?)。
 西宮北口で今津線に乗り換え、仁川(阪神競馬は翌週から!)の次、小林(おばやし)駅で下車したのは正午頃。
 たまに変な風は吹きますが、雨の心配はなさそうです。
130831_1_convert_20130905073942.png
 宝塚市と近畿農政局神戸地域センターの方が出迎えて下さり、徒歩数分で宝塚市西公民館へ。
 外観は中世・西洋のお城のようにも見える立派な建物です。
 この日(8月31日(土))の10時から、ここを会場に「たからづか食育フェア~環境を意識した食生活を心がけよう~」が開催されていたのです。今年で3回目とのこと。
 2階に上がると、正しい食習慣のポイント、食べたものどこから来たの?、自然の恵みを食べよう、環境を意識した食生活等についてのパネルが展示されています。
 神戸地域センター「移動消費者の部屋」のコーナーには、映画「おしん」とのコラボポスターも。
 西谷地区など市北部は農業が盛んな地で、お米や野菜も展示されています。クイズやゲームの景品として配られているようです。
130831_2_convert_20130905074014.png
 食育クイズのコーナーもあります。
 私が伺った時には、ちょうど、お箸で大豆をつまんで移動させるゲームが行われていました。最初に男子学生がお箸の正しい持ち方を教えてくれます。ああ耳が痛い。
 別室では、ナイフを使って竹の「マイ箸」作りに挑戦するコーナーもあります。
130831_3_convert_20130905074034.png
 また、調理室では、市内産の野菜や県産米を積極的に使っている給食の説明と併せて、試食も行われていました。
 試食のメニューは、シシジューシー(豚肉やにんじん入りの沖縄風炊き込みご飯)、マーボー豆腐、中華春雨サラダとシークワーサー果汁入りゼリーの4品。
 私も昼食にお相伴させて頂きました。最近の給食の美味しさには驚くほどです。
130831_4_convert_20130905074057.png
 さて、定員150人のホールでは、午前中は学校調理員の皆さんによる「食育劇」が開催され、盛り上がったそうです。楽屋には手作りの小道具などが残されていました。
 そして午後の13時からは、僭越ながら私から「フード・マイレージ-あなたの食が地球を変える-」と題して1時間ほど話をさせて頂きました。
130831_5_convert_20130905074119.png
 試食が終われば帰る人が多いかなと心配(期待?)していたのですが、ステージの袖からのぞくと、会場は100人を超える人たちで埋まっています。
130831_cotton_convert_20130905224724.png 丁寧に紹介頂いたのに続き、あくまで個人としての意見等であることをお断りした上で、西谷地区産の枝豆を素材にフード・マイレージの計算例を示しつつ、地元の米や野菜を食べる地産地消は、栄養バランスの改善、食料自給率の向上、地球環境への負荷軽減等の効果があるだけではなく、産地や生産者に対する想像力を及ぼし、ひいては持続可能な社会づくりにも貢献する、というようなことを説明させて頂きました。
 終り近く、恥ずかしながらステージの上でワイシャツを脱ぎ、下に着ていたふくしまオーガニックコットンのTシャツをお見せした時は、盛り上がったと思います。
 時間配分に失敗、笑いも今イチ取れませんでした。どうも、あまり進歩はありません。
 この日は、1年間かけて準備していた関係者の皆さんの思いが天にも通じたのか、幸い心配された天候も最後まで悪化せず、親子連れなど300人近くが来場されたそうです。
130831_6_convert_20130905074141.png
 宝塚市には名前の通り多くの「宝」があります。豊かな自然環境や温泉、歴史遺産、それに宝塚歌劇。「モノ(物)」「コト(事)」「バ(場)」をブランド化する取組も進められています。
 地域に密着した宝塚市での食育の取組が、ますます拡がっていくことを期待したいと思います。
 そういえば、オスカルとアンドレも『食あればこそ~♪』と歌っていたような。
【ご参考】
◆ ウェブサイト:フード・マイレージ資料室
◆ メルマガ :【F. M. Letter】フード・マイレージ資料室 通信
(↓ランキングに参加しています。よろしかったらクリックして下さい。)

人気ブログランキングへ

One Reply to “たからづか食育フェア”

  1. SECRET: 0
    PASS: 75f774391d5ae2ccc5d4e60e2c87a866
    悪天候の中、宝塚までお疲れ様でした。
    残念ながらご講演を拝聴させていただくことはできませんでしたが、フード・マイレージ資料室の「主催者について」のページからプレゼン資料を拝見させていただきました。とても、詳しく、また最新の情報がてんこ盛りで大変勉強になりました。ありがとうございました。
    ご講演が盛況だったようで良かったですね。オーガニックコットンTシャツ姿の中田様を直接拝見したかったです!

コメントは受け付けていません。