訪ねて下さり有難うございます。

フード・マイレージとは、食料の輸送量に輸送距離を掛け合わせた指標。この単純な数値が、私たちの身近な食生活と地球環境問題との関わりについて気付くきっかけとなります。
 また、産地や生産者のことに思いを馳せるよすがともなります。

本サイトは、フード・マイレージ指標を参考にしつつ、より豊かな未来の食の実現に向けて、食べ物や農林水産業についてともに考えるために、開設したものです(主宰者が個人で運営しているものです)。

ぜひ、ご質問やご感想、ご意見をこちら続きを読む

新着情報

以下には記事を新着順に掲載してあります。カテゴリー毎の記事は上の「メニュー」からご覧下さい。

(以下に「続きを読む」と表示されていますが、この項目には「続き」はありません)。

フード・マイレージとは

1.フード・マイレージとは

フード・マイレージとは、イギリスのNGOによるフードマイルズ運動(なるべく身近でとれた食料を消費することによって食料輸送に伴う環境負荷を低減させていこうという市民運動)の考え方を参考に、農林水産省農林水産政策研究所において開発された指標です。

2.フード・マイレージの計算方法と意味

その計算方法は、食料の輸送量に輸送距離を掛け合わせるという単純なものです。… 続きを読む

本ウェブサイトの趣旨と主宰者について

本ウェブサイトの趣旨

 食とは、生命や健康を維持するために不可欠であり、人と人をつなぎ、歴史や伝統を継承していく役割もあります。そして何より、楽しみです。
 そして何を食べるか、どのように食べるかは、基本的に個人の自由な選択に委ねられています。

現在の私たちの食生活は、少なくとも表面上は非常に豊かですが、その一方で多くの問題点を抱えています。
 栄養バランスの崩れと生活習慣病の増加、食に対する不安感の高まり、膨大な食品ロス。食生活を支えている日本の一次産業は、ここ20年間で生産額(農業所得)が半減するなかで高齢化が進むとともに耕作放棄地が増加し、食料自給力は低下を続けています。… 続きを読む

【コツコツ小咄】2020.5/1(金)

1週間ぶりの出勤の後は、久しぶりに北品川の炭火焼屋さん(ランチとテイクアウトで頑張っておられました!)を訪ねた今夜のコツコツ小咄。
「明日からの休みは、大らかな気持ちで過ごしたいね」
「大型(O型)連休だけにね」

撮影地:東京・新橋駅前(2020.5/1)
 SL広場って、こんなに広かったんだ~。… 続きを読む

【コツコツ小咄】2020.4/30(木)

ゴールデン(ステイホーム)ウィークの谷間のコツコツ小咄。
「なんか、つぎはぎだらけね」
「補正(縫製)予算だからね」

撮影地:自宅近くに一画を借りている市民農園(2020.4/28)
 新型コロナ対策の補正予算は、つぎはぎ感が否めない、不十分等の批判もあるものの異例の休日審議を経て本日スピード成立。有効に活用されることを期待したいと思います。します。… 続きを読む

【ブログ】楽しみを貯める時

4月からの再就職に伴って勤務は水~金の週3日に。さらに最近は自宅でのテレワークが多く、24日(金)の都心への出勤は2週間振りでした。

 街も、電車も空いています。
 お陰で早めに着いて、登庁前に職場近くの日比谷公園を散策。
 新緑の中の鶴の噴水。青空に向かうイチョウの葉っぱも、だいぶ大きくなってきました。一年のうちで、もっとも美しい季節が到来しています。

終業後、気になっていた東京・神田にある「… 続きを読む

【ほんのさわり】 鷲田清一/山極寿一『都市と野生の思考』

-鷲田清一/山極寿一『都市と野生の思考』(2017.8、集英社・インターナショナル新書)-
 http://i-shinsho.shueisha-int.co.jp/kikan/013/

 1949年京都生まれの哲学者(元大阪大学総長)と、1952年東京生まれの霊長類学者(京都大学総長)による対談で、大学の本来の使命(多様な価値観の確保)、リーダーのあり方(愛嬌、強運、後姿)、リアルなコミュニケーションの重要性など、多岐にわたるテーマについて語り合っています。

 それぞれのテーマに関連して、食についても多くの言及があります。
 例えば、… 続きを読む

【オーシャン・カレント】新たな食料・農業・農村基本計画

本年3月31日(火)、新たな食料・農業・農村基本計画が閣議決定されました。これは食料・農業・農村基本法に基づき5年ごとに見直されているもので、今後10年間(2030年まで)の農政の指針となります。

 農業・農村は、食料の供給だけではなく、その営みを通じて国土保全等の役割を果たしていますが、現在、農業者の高齢化、農地の減少、人口減少による産業や集落の衰退など多くの課題に直面しています。
 このため、今回の基本計画の見直しにおいては、農業及び農村地域をいかに維持し、次代に継続していくかが大きな視点となりました。

 今回の計画では、食料自給率の目標(カロリーベース:2018年37%→2030年45%、生産額ベース:同69%→79%)に加えて、新たに輸出目標(同0.9兆円→5兆円)を掲げるなど、国内農業の生産基盤を強化する(農業政策)とともに、車の両輪として、活力ある農村地域の実現(農村政策)に取り組んでいくこととされています。
 食育や地産地消、関係人口の創出・拡大、半農半X、棚田地域の振興等にも触れられています。… 続きを読む

【豆知識】人口密度と感染者数の相関

新型コロナウイルス禍には、未だ収束の兆しは見られません。
 厚生労働省の報道発表資料(2020年4月21日)によると、世界(国外)の感染者数は243万人で16.9万人が死亡。
 国内においては11,119人が感染し186名が死亡しています(空港検疫、チャーター便帰国者を含む。他にクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の関係で712人が感染、13人が死亡)。

 国内における感染者数については、地域的に大きな偏りがあります。
 都道府県別にみると、東京における感染者数は3,197人と、全体(空港検疫、チャーター便帰国者を除く10,974人)の実に29.1%に相当し、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、愛知、福岡といった大都市圏の合計では4分の3近く(73.8%)を占めているのです。… 続きを読む

【コツコツ小咄】2020.4/23(木)

今夜のコツコツ小咄。
「感染拡大防止に効果があるクラシックと言えば、ベートーヴェンの第九ね」
「歓喜(換気)の歌ね」

撮影地:東京・東村山市(2020.4/22)
 このネタは、朝日放送(大阪)のラジオで流されているCMのオマージュ(パクリ)です。… 続きを読む

【コツコツ小咄】2020.4/22(水)

今夜のコツコツ小咄。
「市民農園ではマスクを着用して、共用の道具を使う時は手袋をして下さい」
「濃厚(農耕)接触を防ぐためですね」

撮影地:東京・東村山市(2020.4/21)
 一画を借りている自宅近くの市民農園にも、新型コロナ感染拡大防止のための張り紙。オープンスペースだから安全、という訳ではないようです。… 続きを読む