【ブログ】ほんの1日

2020年2月22日(土)。
 この日も新型コロナウィルスの感染拡大のニュース。各地のイベント等も中止・縮小の動き。早期の終息を祈りたい気持ちです。

 好天に恵まれましたが風の強い1日。昨年より15日早い春一番だったそうです。
 東京・井の頭の「森の食卓」を訪ねました。

この日10時から開催されたのは「… 続きを読む

【ほんのさわり】西川 潤『2030年 未来への選択』

-西川 潤『2030年 未来への選択』(2018.1、日本経済新聞出版社)-
 https://www.nikkeibook.com/item-detail/26364

 著者は1936年台湾・台北市生まれ。長く早稲田大学等で開発経済学や南北問題を担当され、国際開発学会、日本平和学会等の理事・会長も歴任された方です(個人的な話で恐縮ながら、学生時代に読んだ『飢えの構造』(1984)が、食料や農業問題に携わるという私の進路を決定付けました)。… 続きを読む

【オーシャン・カレント】ゴホウビダイナー

祖師ヶ谷大蔵駅(小田急小田原線、世田谷区)の近隣には、かつて円谷プロダクションがありました。
 それにちなんで北口広場にはウルトラマン像があり、駅周辺の商店街はウルトラマン商店街と呼ばれています。

 その賑やかな通りを2分ほど北へ歩いたところに、ゴホウビダイナーはあります。
 国産ハンバーガーを中心とした料理を、国産クラフトビールとともに楽しめるお店で、店名には「がんばった自分や大切な人への“ご褒美”として楽しい時間を過ごして欲しい」という思いが込められているそうです。

 店主の齊藤星児さんは福岡県の出身。… 続きを読む

【豆知識】消費者の食に対する志向の推移

日本政策金融公庫(略称:日本公庫)は、2008年以降、食品に関する消費者の意識や購買行動などを把握するため、全国の2000人を対象としたインターネット調査「消費者動向調査」を実施しています。
 リンク先の図186は、このなかにある「食の志向」の推移をグラフ化したものです。
 https://food-mileage.jp/wp-content/uploads/2020/02/186_shikou.pdf

 最新の結果によると、「健康志向」が43.8%と最も高く、次いで「経済性志向」38.1%、「簡便化志向」33.4%と続いています。また、「国産志向」は14.3%となっています。

 これを時系列でみると、「健康志向」は2011年頃から最も高い水準で推移しており、「簡便化傾向」はほぼ一貫して上昇しています。… 続きを読む

【ブログ】江戸東京野菜をご存知ですか(CSまちデザイン)

2020年1月31日(金)は、昼前から休暇を頂いて東京・渋谷へ。
 来る度に変わっている街。銀座線のホームもリニューアルされています。
 すぐ目の前にあった渋谷エクセルホテル東急にたどり着くのに、10分以上迷いました。

 6階のプラネットルームで12時から開催されたのは、「江戸東京野菜をご存知ですか?~一つひとつの歴史を感じ味わいましょう~続きを読む

【ほんのさわり】筒井一伸ほか『移住者による継業』

筒井一伸、尾原浩子『移住者による継業-農山村をつなぐバトンリレー』(2018.4、筑波書房(JC総研ブックレットno.22))  http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=05_81190535/

著者は鳥取大・地域学部教授と同非常勤講師(日本農業新聞記者)。第34回農業ジャーナリスト賞(2018年)を受賞しています。

 農山村では、農林水産業のみならず地域のなりわいの後継者の不足が深刻化している一方で、農山村への移住を希望する「田園回帰」の動きが活発となっています。
 このようななか、これまで世襲で行われてきた地域のなりわいを移住者などの第三者が継ぐ「継業」(バトンリレー)が、各地の農山村で広まっています。… 続きを読む