図26 食料への支出額の増減率と寄与率


◆ F.M.豆知識
 食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 最近、エンゲル係数(消費支出に占める食料費支出の割合)が上昇している背景には食料価格の上昇があり、その中でも自給率が低い品目の上昇率が比較的大きいことを、前回、説明しました。… 続きを読む

図25 消費者物価指数の増減


◆ F.M.豆知識
食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
最近、エンゲル係数(消費支出に占める食料費支出の割合)が上昇している要因の一つに、食料価格の上昇があることを前回、説明しました。… 続きを読む

図24 消費者物価指数とエンゲル係数の推移


◆ F.M.豆知識
 食や農について、(特に私たち消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 今回からは、最近、エンゲル係数(消費支出に占める食料費支出の割合)が上昇しつつある背景について考察していきます。… 続きを読む

図22 家計消費支出に占める主な費目の割合の推移


◆ F.M.豆知識
 食や農について(特に私たち消費者にとって)、ちょっと役に立つかも、あるいは考えるヒントになるかも知れないような話題を、毎回こつこつと取り上げていきます。
—————————————————————-
 前回は、一年に食べるお米を買うために必要な労働時間を試算したところ、1978年には209時間だったのが2010年には57時間と、約4分の1に減少していることを紹介しました。… 続きを読む

図19 みんな約30円


◆ F.M.豆知識
食や農について、(特に消費者にとって)ちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるような話題を、毎回こつこつと取り上げています。
—————————————————————-
 今回は、趣向を変えてクイズです。… 続きを読む